写真

岩永IWANAGA 信之NOBUYUKI

言語文化研究科 言語情報科学講座 助手
尾上研究室で共同研究をしています。
E-mail: iwanaga(at)iss.ise.eng.osaka-u.ac.jp
(at)を @ で置き換えてください。

研究テーマ

発表論文リスト

学会誌等採録論文

  1. N. Iwanaga, W. Kobayashi, K. Furuya, T. Onoye, and I. Shirakawa: “Embedded Implementation of Acoustic Field Enhancement for Stereo Sound Sources,” IEEE Trans. on Consumer Electronics, vol. 49, no. 3, pp. 737-741, (Aug. 2003).
  2. T. Matsumura, N. Iwanaga, W. Kobayashi, T. Onoye, and I. Shirakawa: “Embedded 3D Sound Movement System based on Feature Extraction of Head-Related Transfer Function,” IEEE Trans. Consumer Electronics, vol. 51, no. 1, pp. 262-267, (Feb. 2005).

国際会議等採択論文

  1. N. Iwanaga, W. Kobayashi, K. Furuya, N. Sakamoto, T. Onoye, I.Shirakawa: “Embedded Implementation of Acousitic Field Enhancement for Stereo Headphones,” in Proc. IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS) 2002, Singapore, vol.1, pp.51-54, (Dec. 2002).
  2. N. Iwanaga, W. Kobayashi, K. Furuya, N. Sakamoto, T. Onoye, and I.Shirakawa: “Low Cost Approach to Acoustic Field Enhancement for Stereo Headphones,” in Proc. Euromedia 2003, Plymouth, United Kingdom, pp. 32-36, (Apr. 2003).
  3. N. Iwanaga, W. Kobayashi, K. Furuya, T. Onoye, and I. Shirakawa: “Embedded Implementation of Acoustic Field Enhancement for Stereo Sound Sources,” in IEEE 29th International Conference on Consumer Electronics (ICCE 2003), digest of technical papers, Los Angeles, Carifornia, USA, pp. 256-257, (June 2003).
  4. T. Matsumura, N. Iwanaga, W. Kobayashi, T. Onoye, and I. Shirakawa: “Feature Extraction of Head-Related Transfer Function for 3D Sound Movement,” in Proc. The 2003 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2003), Kang-Woo Do, Korea, vol. 1 pp. 685-688, (July 2003).
  5. N. Iwanaga, W. Kobayashi, K. Furuya, T. Onoye, I. Shirakawa: “VLSI Implementation of a 3D Sound Movement System,” in Proc. The 12th Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies (SASIMI) 2004, pp.121-125, (Oct. 2004).
  6. N. Iwanaga, W. Kobayashi, K. Furuya, T. Onoye, I. Shirakawa: “VLSI Implementation of 3D Sound Image Movement for Embedded Systems,” in Proc. IEEE Region 10 Conference (TENCON) 2004, A-021, (Nov. 2004).
  7. T. Matsumura, N. Iwanaga, W. Kobayashi, T. Onoye, and I. Shirakawa: “Embedded 3D Sound Movement System based on Feature Extraction of Head-Related Transfer Function,” in Proc. 30th International Conference on Consumer Electronics (ICCE 2005), digest of technical papers, Las Vegas, Nevada, USA, 7.1-2, (Jan. 2005).

研究会等発表論文

  1. 岩永信之,阪本憲成,小林亙,尾上孝雄,白川功: “組込みシステム向けヘッドホンステレオ頭外音場拡大手法とその実装,” 第17回 ディジタル信号処理シンポジウム,B2-4,(2002 年 11 月).
  2. 中川陽介,岩永信之,小林亙,古谷一彦,尾上孝雄,白川功: “周波数特性除去に基づくスピーカによるバイノーラル再生,” 聴覚研究会,pp. 17-22,(2004 年 1 月).
  3. 吉田 明弘,松村 友哉,岩永 信之,小林 亙,尾上 孝雄: “近距離音像の定位を実現するための頭部伝達関数の特徴解析,” 信学技報 EA2005-39, pp. 29-34, (2005年8月).
  4. 今福 哲也,岩永 信之,松村 友哉,小林 亙,尾上 孝雄: “多音源に対する立体音像移動手法,” 信学技報 SP2005-192, pp. 47-52, (2006年3月).

大会等発表論文

  1. 密山 幸男,岩永 信之,尾上 孝雄,白川 功: “Bluetooth スキャッタネットの構築手法と経路制御,” 信学会 総合大会, A-4-68,(2001年3月).
  2. 岩永信之,阪本憲成,小林亙,尾上孝雄,白川功: “ヘッドホンステレオ頭外音場拡大手法の組込み実装,” 信学会 ソサイエティ大会, A-4-20,(2002年9月).

略歴

学歴
19923神戸市立灘小学校 卒業
19953神戸市立鷹匠中学校 卒業
19983兵庫県立神戸高校 卒業
19984大阪大学 工学部 電子情報エネルギー工学科 入学
20023大阪大学 工学部 電子情報エネルギー工学科 卒業
20024大阪大学 大学院情報科学研究科 情報システム工学専攻 博士前期課程 入学
20043大阪大学 大学院情報科学研究科 情報システム工学専攻 博士前期課程 修了
20044大阪大学 大学院情報科学研究科 情報システム工学専攻 博士後期課程 入学
20054大阪大学 大学院情報科学研究科 情報システム工学専攻 博士後期課程 退学
職歴
20055大阪大学 大学院言語文化研究科 言語情報科学講座 助手