論文誌
[1]  増山昌樹, 伊藤雄一, 福島浩介, 尾上孝雄, ``椅子用キャスター型デバイスを用いた着座姿勢識別,'' ヒューマンインタフェース学会論文誌, vol. 21, no. 1, pp. 47-60, February 2019.
[2]  辻本祐輝, 伊藤雄一, 尾上孝雄, ``Ketsuro-Graffiti: 結露を用いたインタラクティブディスプレイ,'' 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, vol. 21, no. 3, pp. 513-520, September 2016.
[3]  遠藤隆介, 伊藤雄一, 中島康祐, 岸野文郎, ``マルチタッチディスプレイを用いた複数人によるプランニングができるデジタルサイネージシステムの提案,'' 情報処理学会論文誌, vol. 55, no. 4, April 2014.
[4]  Sho Tsugawa, Hiroyuki Ohsaki, Yuichi Itoh, Naonori Ono, Keiichiro Kagawa, and Kazuki Takashima, ``Dynamic Social Network Analysis with Heterogeneous Sensors in Ambient Environment,'' Social Networking, vol. 3, no. 1, pp. 9-18, January 2014.
[5]  中島康祐, 伊藤雄一, 林勇介, 池田和章, 藤田和之, 尾上孝雄, ``Emoballoon: ソーシャルタッチインタラクションのための柔らかな風船型インタフェース,'' 日本バーチャ ルリアリティ学会論文誌, vol. 18, no. 3, pp. 255-265, September 2013.
[6]  藤田和之, 高嶋和毅, 伊藤雄一, 大崎博之, 小野直亮, 香川景一郎, 津川翔, 中島康祐, 林勇介, 岸野文郎, ``Ambient Suiteを用いたパーティ場面における部屋型会話支援システムの実装と評価,'' 電子情報通信学会論文誌, vol. J96-D, no. 1, pp. 120-132, January 2013.
[7]  Yusuke Hayashi, Yuichi Itoh, Kazuki Takashima, Kazuyuki Fujita, Kosuke Nakajima, and Takao Onoye, ``Cup-Le: Cup-Shaped Tool for Subtly Collecting Information during Conversational Experiment,'' The International Journal of Advanced Computer Science, vol. 3, no. 1, pp. 44-50, January 2013.
[8]  Ryusuke Endo, Yuichi Itoh, Kosuke Nakajima, Kazuyuki Fujita, Fumio Kishino, ``Digital Signage Supporting Collaborative Route Planning in Real Commercial Establishment,'' ICIC Express Letters, vol. 6, no. 12, pp. 2967-2972, December 2012.
[9]  中島康祐, 伊藤雄一, 築谷喬之, 藤田和之, 高嶋和毅, 岸野文郎, ``FuSA2 Touch Display: 大画面毛状マルチタッチディスプレイ,'' 情報処理学会論文誌, vol. 53, no. 3, pp. 1069-1081, March 2012.
国際会議
[1]  Yoshitaka Ishihara, Shori Ueda, Yuichi Itoh, and Kazuyuki Fujita, ``PlanT : a Plant-Based Ambient Display Visualizing Gradually Accumulated Information,'' In Asian CHI Symposium 2019, May 2019.
[2]  Ryo Shirai, Yuichi Itoh, Shori Ueda, and Takao Onoye, ``Optrod: Constructing Interactive Surface with Multiple Functions and Flexible Shape by Projected Image,'' In The 31st Annual ACM Symposium on User Interface Software and Technology Adjunct Proceedings(UIST '18 Adjunct ), pp. 169-171, October 2018.
[3]  Yuki Inoue, Yuichi Itoh, Takao Onoye, ``Tuve: a Flexible Display with Tube,'' SIGGRAPH ASIA 2018, 2018.
[4]  Kazuki Hirosue, Shohei Ukawa, Yuichi Itoh, Takao Onoye, and Masanori Hashimoto, ``Gpgpu-Based Highly Parallelized 3d Node Localization for Real-Time 3d Model Reproduction,'' In Proceedings of the 22nd International Conference on Intelligent User Interfaces 2017 (IUI '17), pp. 173-178, March 2017.
[5]  Yuki Tsujimoto, Yuichi Itoh, and Takao Onoye, ``Ketsuro-Graffiti: an Interactive Dislplay with Water Condensation,'' In Proceedings of ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces 2016 (ISS 2016), pp. 49-55, November 2016.
[6]  Yuki Tsujimoto, Yuichi Itoh, and Takao Onoye, ``Ketsuro-Graffiti: a Canvas with Computer Generated Water Condensation,'' In SIGGRAPH Asia 2015 Emerging Technologies, pp. 15:1--15:2, 2015.
[7]  Yohei Miyazaki, Yuichi Itoh, Yuki Tsujimoto, Masahiro Ando, and Takao Onoye, ``Ketsuro-Graffiti: Water Condensation Display,'' In ACE '14 Proceedings of the 11th Conference on Advances in Computer Entertainment Technology, November 2014.
[8]  Masahiro Ando, Yuichi Itoh, Toshiki Hosoi, Kazuki Takashima, Kosuke Nakajima, and Yoshifumi Kitamura, ``Stackblock: Block-Shaped Interface for Flexible Stacking,'' In Proc. of UIST, pp. 41-42, 2014.
[9]  Kosuke Nakajima, Yuichi Itoh, Yusuke Hayashi, Kazuaki Ikeda, Kazuyuki Fujita, and Takao Onoye, ``Emoballoon: a Balloon-Shaped Interface Recognizing Social Touch Interactions,'' In Proceedings of 10th International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology, pp. 182-197, November 2013.
[10]  Simon Voelker, Kosuke Nakajima, Christian Thoresen, Yuichi Itoh, Kjell Ivar Øvergård, and Jan Borchers, ``Pucs: Detecting Transparent, Passive Untouched Capacitive Widgets on UnmodifiEd Multi-Touch Displays,'' In Adjunct Publication of the 26th Annual ACM Symposium on User Interface Software and Technology, pp. 1-2, October 2013.
[11]  Simon Voelker, Kosuke Nakajima, Christian Thoresen, Yuichi Itoh, Kjell Ivar Øvergård, and Jan Borchers, ``Pucs Demo: Detecting Transparent, Passive Untouched Capacitive Widgets,'' In Proceedings of the 2013 ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces, pp. 325-328, October 2013.
[12]  Simon Voelker, Kosuke Nakajima, Christian Thoresen, Yuichi Itoh, Kjell Ivar Øvergård, and Jan Borchers, ``Pucs: Detecting Transparent, Passive Untouched Capacitive Widgets on UnmodifiEd Multi-Touch Displays,'' In Proceedings of the 2013 ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces, pp. 101-104, October 2013.
[13]  Yohei Kojima, Kazuma Aoyama, Yuichi Itoh, Kazuyuki Fujita, Taku Fujimoto, and Kosuke Nakajima, ``Polka Dot: the Garden of Water Spirits,'' In ACM SIGGRAPH 2013 Posters, July 2013. (Article No. 47)
[14]  Kazuyuki Fujita, Yuichi Itoh, Kazuki Takashima, Kosuke Nakajima, Yusuke Hayashi, and Fumio Kishino, ``Ambient Party Room: a Room-Shaped System Enhancing Communication for Parties Or Gatherings,'' In Proceedings of the 2nd International Workshop on Ambient Information Technologies, pp. 1-4, March 2013.
[15]  Kosuke Nakajima, Yuichi Itoh, Yusuke Hayashi, Kazuaki Ikeda, Kazuyuki Fujita, and Takao Onoye, ``Emoballoon: a Balloon-Shaped Interface Recognizing Social Touch Interactions,'' In Proceedings of the 2nd International Workshop on Ambient Information Technologies, pp. 13-16, March 2013.
[16]  Yohei Kojima, Yuichi Itoh, Taku Fujimoto, and Kosuke Nakajima, ``Polka Dot – the Garden of Water Spirits,'' In SIGGRAPH Asia 2013 Emerging Technologies, p. 15, 2013.
[17]  Kazuki Takashima, Yusuke Hayashi, Kosuke Nakajima, and Yuichi Itoh, ``Cup-Embedded Information Device for Supporting Interpersonal Communication,'' In Proceedings of Joint Virtual Reality Conference of ICAT, EGVE and EuroVR, pp. 19-20, October 2012.
[18]  Ryusuke Endo, Yuichi Itoh, Kosuke Nakajima, Kazuyuki Fujita, and Fumio Kishino, ``Planning-Capable Digital Signage System Using Multi-Touch Display,'' In Proceedings of The 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction (APCHI2012), vol. 2, pp. 545-554, August 2012.
[19]  Kosuke Nakajima, Yuichi Itoh, Yusuke Hayashi, Kazuaki Ikeda, Kazuyuki Fujita, and Takao Onoye, ``Emoballoon,'' In Proceedings of The 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction (APCHI2012), vol. 2, pp. 681-682, August 2012.
[20]  Kosuke Nakajima, Yuichi Itoh, Takayuki Tsukitani, Kazuyuki Fujita, Kazuki Takashima, Yoshifumi Kitamura, and Fumio Kishino, ``Fusa2 Touch Display: Furry and Scalable Multi-Touch Display,'' In Proceedings of The 1st International Workshop on Ambient Information Technologies, pp. 35-36, March 2012.
[21]  Yusuke Hayashi, Yuichi Itoh, Kazuki Takashima, Kazuyuki Fujita, Kosuke Nakajima, Ikuo Daibo, and Takao Onoye, ``Cup-Le: a Cup-Shaped Device for Conversational Experiment,'' In Proceedings of the 1st International Workshop on Ambient Information Technologies, pp. 36-37, March 2012.
[22]  Kazuyuki Fujita, Yuichi Itoh, Hiroyuki Ohsaki, Naoaki Ono, Keiichiro Kagawa, Kazuki Takashima, Sho Tsugawa, and Kosuke Nakajima, ``Ambient Suite: Room- Shaped Information Environment for Interpersonal Communication,'' In Proceedings of the 1st International Workshop on Ambient Information Technologies, pp. 18-21, March 2012.
[23]  Kazuyuki Fujita, Yuichi Itoh, Hiroyuki Ohsaki, Naoaki Ono, Keiichiro Kagawa, Kazuki Takashima, Sho Tsugawa, Kosuke Nakajima, Yusuke Hayashi, and Fumio Kishino, ``Ambient Suite: Enhancing Communication among Multiple Participants,'' In Proceedings of the International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology , pp. 25:1-25:8, November 2011.
[24]  Kosuke Nakajima, Yuichi Itoh, Takayuki Tsukitani, Kazuyuki Fujita, Kazuki Takashima, Yoshifumi Kitamura, and Fumio Kishino, ``Fusa2 Touch Display: Furry and Scalable Multi-Touch Display,'' In Proceedings of ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces 2011, pp. 35-44, November 2011.
[25]  Kosuke Nakajima, Yuichi Itoh, Takayuki Tsukitani, Kazuyuki Fujita, Kazuki Takashima, Yoshifumi Kitamura, and Fumio Kishino, ``Fusa2 Touch Display,'' In Proceedings of ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces 2011, November 2011.
国内会議(査読付き)
[1]  中島康祐, 伊藤雄一, Simon Voelker, Christian Thoresen, Kjell Ivar Øvergård, Jan Borchers, ``PUCs: 静電容量方式マルチタッチパネルにおけるユーザの接触を必要と しないウィジェット検出手法,'' インタラクション2014論文集, March 2014.
[2]  中島康祐, 伊藤雄一, 遠藤隆介, 岸野文郎, ``複合商業施設での複数人によるタイムスロット考慮型プランニングを実現するデジタルサイネージシステム,'' インタラクション2014論文集, March 2014.
[3]  中島康祐, 伊藤雄一, 林勇介, 池田和章, 藤田和之, 尾上孝雄, ``Emoballoon: ソーシャルタッチインタラクションのための柔らかな風船型インタフェース,'' インタラクション2013論文集, pp. 95-102, March 2013.
研究会等発表論文
[1]  鈴永紗也, 伊藤雄一, 藤田和之, 尾上孝雄, ``ガラス管を用いたボリューメトリックディスプレイのための気泡の位置制御,'' ヒューマンインタフェース学会研究会研究報告集, vol. 21, no. 4, pp. 31-36, June 2019.
[2]  山下 真由, 伊藤 雄一, 高嶋 和毅, 尾上 孝雄, ``ペン把持力のセンシングによる理解状況推定,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 509, pp. 47-52, March 2018.
[3]  増山昌樹, 伊藤雄一, 西村 賢人, 福島浩介, 尾上孝雄, ``椅子用キャスター型デバイスを用いた着座状態識別に関する一検討,'' ヒューマンインタフェース学会研究会研究報告集, vol. 20, no. 7, pp. 85-90, 2018.
[4]  石原 好貴, 伊藤 雄一, 尾上 孝雄, ``粘着を用いたタッチサーフェスのための粘着性変化モジュールの開発,'' ヒューマンインタフェース学会研究会研究報告集, 2018.
[5]  増山昌樹, 伊藤雄一, 福島浩介, 尾上孝雄, ``着座者の重心・重量取得のための椅子用キャスター型デバイスの検討,'' ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS), vol. 116, no. 524, pp. 95-100, March 2017.
[6]  山下 真由, 伊藤 雄一, 高嶋 和毅, 尾上 孝雄, ``学習者の自信度と筆記行動の関係に関する検討,'' ヒューマンインタフェース学会研究会研究報告集, vol. 19, no. 7, pp. 71-76, 2017.
[7]  藤原 健, 伊藤 雄一, 續 毅海, 高嶋 和樹, 尾上 孝雄, ``演奏者の重心移動を用いた演奏連携度と演奏に対する評価,'' HCGシンポジウム2016論文集, pp. 186-189, December 2016.
[8]  續 毅海, 伊藤 雄一, 藤原 健, 高嶋 和毅, 尾上 孝雄, ``演奏者の重心移動を用いた演奏連携度の取得に関する検討,'' ヒューマンインタフェース学会研究会研究報告集, vol. 18, no. 5, pp. 15-18, 2016.
[9]  山下 真由, 伊藤 雄一, 高嶋 和毅, 尾上 孝雄, ``ペン把持力のセンシングによる筆記量推定手法,'' ヒューマンインタフェース学会研究会研究報告集, vol. 18, no. 5, pp. 3-8, 2016.
[10]  深町太一,伊藤雄一,尾上孝雄, ``汎用型光駆動アクチュエータのための制御ユニットの実装と評価,'' ヒューマンインタフェース学会研究会研究報告集, vol. 18, no. 7, pp. 31-34, 2016.
[11]  辻本 祐輝, 伊藤 雄一, 尾上 孝雄, ``結露を用いたディスプレイの結露生成機構に関する研究,'' 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), vol. 2015-HCI-164, no. 5, pp. 001-005, July 2015.
[12]  菊地佑介, 津川翔, 岸野文郎, 中島康祐, 伊藤雄一, 大崎博之, ``ココロスコア: Twitter解析によるココロの状態推測,'' 電子情報通信学会 通信行動工学時限研専 第5回研究会予稿集, pp. 17-24, November 2013.
[13]  遠藤隆介, 伊藤雄一, 中島康祐, 岸野文郎, ``複合商業施設における複数人でのタイムスロット考慮型プランニングを実現するデジタルサイネージシステム,'' 情報処理学会研究報告集, vol. 2013-HCI-155, no. 9, pp. 1-8, October 2013.
[14]  安藤正宏, 細井俊輝, 中島康祐, 伊藤雄一, 北村喜文, 尾上孝雄, ``積み木型ブロックデ バイスのための赤外線による積み重ね認識手法に関する検討,'' ヒューマンインタフェース学会研究報告集, vol. 15, no. 7, pp. 125-128, September 2013.
[15]  藤本拓, 伊藤雄一, 中島康祐, 土方義徳, 尾上孝雄, ``ついでタスク推薦のためのコン ピュータ作業のクラスタリングに関する一検討,'' ARG Webインテリジェンスとイ ンタラクション研究会 第2回研究会予稿集, pp. 13-14, May 2013.
[16]  池田和章, 伊藤雄一, 中島康祐, 尾上孝雄, ``着座時の座面重心と重量を用いた個人識別に関する検討,'' ヒューマンインタフェース学会研究報告集, vol. 14, no. 8, pp. 11-16, September 2012.
[17]  藤田和之, 伊藤雄一, 高嶋和毅, 中島康祐, 林勇介, 岸野文郎, ``Ambient Party Room: パーティ場面における部屋型会話支援システムの構築,'' ヒューマンインタフェース学会研究報告集, vol. 14, no. 8, pp. 7-10, September 2012.
[18]  児島陽平, 伊藤雄一, 藤田和之, 中島康祐, 尾上孝雄, ``空間内の複数人員配置のための指示位置提示手法に関する検討,'' ヒューマンインタフェース学会研究報告集, vol. 14, no. 4, pp. 17-22, June 2012.
[19]  遠藤隆介, 伊藤雄一, 中島康祐, 藤田和之, 岸野文郎, ``マルチタッチディスプレイを用いたプランニングができるデジタルサイネージシステムの提案,'' ヒューマンインタフェース学会研究報告集, vol. 14, no. 4, pp. 37-42, June 2012.
[20]  池田和章, 林勇介, 中島康祐, 伊藤雄一, 尾上孝雄, ``風精―気圧センサと風船を用いたタッチインタラクション検出,'' エンタテインメントコンピューティング2011論文集, pp. 187-192, October 2011.
[21]  池田和章, 伊藤雄一, 中島康祐, 尾上孝雄, ``様々な椅子での重心・重量による姿勢識別率に関する検討,'' ヒューマンインタフェース学会研究報告集, vol. 13, no. 7, pp. 33-38, October 2011.
[22]  中島康祐, 伊藤雄一, 築谷喬之, 藤田和之, 高嶋和毅, 岸野文郎, ``FuSA2 Touch Display: 大画面毛状マルチタッチディスプレイ,'' インタラクション2011論文集, pp. 547-550, March 2011.
著書
[1]  伊藤雄一, 中島康祐, “ふさふさ”感触マルチタッチディスプレイの開発, 株式会社エヌ・ティー・エス, 2013.
[2]  伊藤雄一, 中島康祐, 「ふさふさ」した触り心地を実現する光ファイバによる毛状マ ルチタッチディスプレイ, 株式会社技術情報協会, 2013.
解説
[1]  伊藤雄一, 中島康祐, ``〜「ふさふさ」した触り心地〜 光ファイバによる毛状マルチタッチディスプレイ,'' MATERIAL STAGE, vol. 11, no. 8, pp. 13-16, November 2011.
大会等発表論文
[1]  辻本祐輝, 伊藤雄一, 尾上孝雄, ``結露を用いたインタラクティブディスプレイの濃淡制御手法,'' 情報処理学会インタラクション2017論文集, pp. 053-058, 2017.
[2]  山下真由, 深町太一, 可知怜也, Adam Myers, Jesse Marciano, 伊藤雄一, ``Ocuduss:オプティカルフロー制御による速度感提示デバイス,'' 情報処理学会インタラクション2017論文集, pp. 745-748, 2017.
[3]  中川雄太, 岸野文郎, 中島康祐, 伊藤雄一, ``半球状の毛状マルチタッチディスプレイにおけるタッチインタラクション認識,'' 日本バーチャルリアリティ学会第18回大会論文集, pp. 659-660, September 2013.
[4]  井藤佑哉, 岸野文郎, 中島康祐, 伊藤雄一, ``毛状ディスプレイの特定領域内での触感変化に関する検討,'' 日本バーチャルリアリティ学会第18回大会論文集, pp. 390-391, September 2013.
[5]  根本祐輔, 中川雄太, 藤井佑一, 岸野文郎, 中島康祐, 伊藤雄一, ``吹きかけインタラク ションのための入力検出法の検討,'' 電子情報通信学会総合大会講演論文集(基礎・境界), p. 213, March 2013. (A-16-7)
[6]  富田健太郎, 中川雄太, 藤井佑一, 岸野文郎, 中島康祐, 伊藤雄一, ``毛状ディスプレイの触感変化に関する検討,'' 電子情報通信学会総合大会講演論文集(基礎・境界), p. 214, March 2013. (A-16-8)
[7]  内田將太郎, 岸野文郎, 池田和章, 中島康祐, 伊藤雄一, ``SenseChairを用いた眠気検出に関する検討,'' 電子情報通信学会総合大会講演論文集(基礎・境界), p. 215, March 2013. (A-16-9)
[8]  藤本拓, 伊藤雄一, 石原のぞみ, 中島康祐, 尾上孝雄, ``タブレットデバイスと目の位置関係を考慮した電子書籍表示手法に関する検討,'' ヒューマンインタフェースシンポ ジウム2012論文集, pp. 701-704, September 2012.
[9]  中川雄太, 藤井佑一, 岸野文郎, 中島康祐, 伊藤雄一, ``半球状の毛状マルチタッチディスプレイ,'' 日本バーチャルリアリティ学会第17回大会論文集, pp. 300-303, September 2012.
[10]  藤井佑一, 岸野文郎, 藤田和之, 中島康祐, 伊藤雄一, 菊池日出男, ``U-brella: 降り注ぐ情報を可振化するポータブル傘型インタフェース,'' 日本バーチャルリアリティ学会第17回大会論文集, pp. 652-655, September 2012.
[11]  竹中拓也, 岸野文郎, 藤田和之, 中島康祐, 伊藤雄一, ``二者間の着座状態と会話の活性度の関係に関する検討,'' 電子情報通信学会総合大会講演論文集(基礎・境界), p. 220, March 2012. (A-14-2)
[12]  中川雄太, 藤井佑一, 岸野文郎, 中島康祐, 伊藤雄一, ``立体毛状マルチタッチディスプレイの一検討,'' 電子情報通信学会総合大会講演論文集(基礎・境界), p. 261, March 2012. (A-16-12)
[13]  川幡尚亮, 藤井佑一, 岸野文郎, 中島康祐, 伊藤雄一, ``インテリアへの適用を考慮した毛状ディスプレイの耐荷重に関する検討,'' 電子情報通信学会総合大会講演論文集 (基礎・境界), p. 262, March 2012. (A-16-13)
[14]  金田征悟, 藤井佑一, 岸野文郎, 中島康祐, 伊藤雄一, ``毛状ディスプレイのための吹きかけインタラクションの検討,'' 電子情報通信学会総合大会講演論文集(基礎・境界), p. 263, March 2012. (A-16-14)
[15]  藤枝智子, 岸野文郎, 中島康祐, 池田和章, 伊藤雄一, ``着座姿勢の歪みを是正するシステムに向けたセンシングの基礎検討,'' 電子情報通信学会総合大会講演論文集(基礎・境界), p. 266, March 2012. (A-16-17)
[16]  菊地佑介, 岸野文郎, 石原のぞみ, 中島康祐, 伊藤雄一, ``形容詞クエリを用いた連想意味関係の名詞抽出に関する検討,'' 電子情報通信学会総合大会講演論文集(基礎・境界), p. 267, March 2012. (A-16-18)
[17]  林 勇介, 伊藤 雄一, 中島 康祐, 藤田 和之, 高嶋 和毅, 大坊 郁夫, 尾上 孝雄, ``カップ型デバイス Cup-le を用いた会話実験支援手法,'' ヒューマンインターフェースシンポジウム2011論文集, September 2011.
[18]  藤田和之, 高嶋和毅, 伊藤雄一, 大崎博之, 小野直亮, 香川景一郎, 津川翔, 中島康祐, ``Ambient Suite: 部屋型情報空間を用いた対人コミュニケーション支援,'' ヒューマンインタフェースシンポジウム2011論文集, pp. 395-400, September 2011.

This site is maintained by Onoye Lab.

PMAN 2.5.5 - Paper MANagement system / (C) 2002-2008, Osamu Mizuno / All rights reserved.