論文誌
[1]  S. Takahashi, S. Tsukiyama, M. Hashimoto, and I. Shirakawa, ``A Sampling Switch Design Procedure for Active Matrix Liquid Crystal Displays,'' IEICE Trans. on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, vol. E89-A, no. 12, pp. 3538-3545, December 2006.
[2]  内田好弘, 谷貞宏, 橋本昌宜, 築山修治, 白川功, ``グラウンド平面・シールド配線によるシステム・オン・パネルの配線間容量の低減と容量見積りの容易化,'' 情報処理学会論文誌, vol. 47, no. 6, pp. 1665--1673, June 2006.
[3]  内田 好弘, 谷 貞宏, 橋本 昌宜, 築山 修治, 白川 功, ``システム液晶のための配線容量抽出手法,'' 情報処理学会論文誌, vol. 46, no. 6, pp. 1395--1403, June 2005.
研究会等発表論文
[1]  伊地知孝仁, 橋本昌宜, 高橋真吾, 築山修治, 白川功, ``画素充電率制約を満足する液晶ドライバ回路のトランジスタサイズ決定技術,'' 信学技報, VLD2005-131, pp. 55--60, March 2006.
[2]  内田 好弘, 谷 貞宏, 橋本 昌宜, 築山 修治, 白川 功, ``システム液晶のための配線間容量抽出手法,'' 信学技報, VLD2004-64, pp. 19--24, December 2004.
[3]  内田 好弘, 谷 貞宏, 築山 修治, 白川 功, ``領域分割による配線間容量モデル化手法について,'' 信学技報, NLP2003-21, pp. 7--12, June 2003.
[4]  谷 貞宏, 内田 好弘, 築山 修治, 白川 功, ``配線間容量モデル化とその評価について,'' 信学技報 DSP2002-83, pp. 7--12, June 2002.
大会等発表論文
[1]  高橋 真吾, 築山 修治, 橋本 昌宜, 白川 功, ``液晶ディスプレイ用サンプリング回路の設計手法について,'' 2005 年電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, A-3-4, 2005.
[2]  内田 好弘, 谷 貞宏, 橋本 昌宜, 築山 修治, 白川 功, ``システム液晶に適した配線間容量抽出の検討,'' 電子情報通信学会ソサイエティ大会, A-1-16, September 2004.

This site is maintained by Onoye Lab.

PMAN 2.5.5 - Paper MANagement system / (C) 2002-2008, Osamu Mizuno / All rights reserved.