分類 研究会等発表論文
著者名 (author) 藤原 健,伊藤 雄一,續 毅海,高嶋 和樹,尾上 孝雄
英文著者名 (author) K. Fujiwara, Y. Itoh, T. Tsuzuki, K. Takashima, T. Onoye
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key) Ken Fujiwara, Yuichi Itoh, Takemi Tsuzuki, Kazuki Takashima, Takao Onoye
表題 (title) 演奏者の重心移動を用いた演奏連携度と演奏に対する評価
表題 (英文) Estimating Ensembility among Players Using Their Body Sway and the Evaluation toward Music Performance
書籍・会議録表題 (booktitle) HCGシンポジウム2016論文集
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume)
号数 (number)
ページ範囲 (pages) 186-189
組織名 (organization) 電子情報通信学会
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) December
出版年 (year) 2016
付加情報 (note)
注釈 (annote) in Japanese
内容梗概 (abstract) 本研究は,演奏者の重心・重量を用いて演奏者間の演奏連携度を評価することを目的とする.具体的には,我々がこれまで検討を進めてきた椅子型デバイス SenseChair を用いて,合奏場面における演奏者の重心移動や重量変化を取得することで身体全体の動きを検出し,演奏者間の演奏連携度を算出する.そして,コンサートで得られたプロの演奏者による演奏について演奏連携度を算出した上で一般の聴取者を対象として演奏に対する評定を求めた.その結果,演奏連携度が高い演奏は上手な演奏および丁寧な演奏だと評価されていることを確認した.
論文電子ファイル Not available.


[3-342]  藤原 健, 伊藤 雄一, 續 毅海, 高嶋 和樹, 尾上 孝雄, ``演奏者の重心移動を用いた演奏連携度と演奏に対する評価,'' HCGシンポジウム2016論文集, pp. 186-189, December 2016.

@inproceedings{3_342,
    author = {藤原 健 and 伊藤 雄一 and 續 毅海 and 高嶋 和樹 and 尾上 孝雄},
    author_e = {K. Fujiwara, Y. Itoh, T. Tsuzuki, K. Takashima, T. Onoye},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {演奏者の重心移動を用いた演奏連携度と演奏に対する評価},
    title_e = {Estimating Ensembility among Players Using Their Body Sway  and
    the Evaluation toward Music Performance},
    booktitle = {HCGシンポジウム2016論文集},
    booktitle_e = {},
    volume = {},
    number = {},
    pages = {186-189},
    organization = {電子情報通信学会},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {December},
    year = {2016},
    note = {},
    annote = {in Japanese}
}

This site is maintained by Onoye Lab.

PMAN 2.5.5 - Paper MANagement system / (C) 2002-2008, Osamu Mizuno / All rights reserved.