分類 研究会等発表論文
著者名 (author) 深町太一,伊藤雄一,尾上孝雄
英文著者名 (author) Taichi Fukamachi, Yuichi Itoh, Takao Onoye
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key)
表題 (title) 汎用型光駆動アクチュエータのための制御ユニットの実装と評価
表題 (英文) Implementation and Evaluation of Control Unit for Operating Multiple Actuators by Projected Images
書籍・会議録表題 (booktitle) ヒューマンインタフェース学会研究会研究報告集
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume) 18
号数 (number) 7
ページ範囲 (pages) 31-34
組織名 (organization) ヒューマンインタフェース学会研究会
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month)
出版年 (year) 2016
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) 本研究では,各アクチュエータを制御する信号線を廃し,各アクチュエータを光によって制御する汎用型光駆動アクチュエータとその制御ユニットを提案する.これによりActuated surfaceを構成するアクチュエータの数や配置を変えることで,スケーラブルでコードレスなActuated surface の実現が可能となる.さらにアクチュエータ部をアプリケーションに応じて変更することで,汎用性の高いActuated surface のベースシステムを実装することができる.本研究では,PC からの光信号を受信し,制御信号に変換する制御ユニットのプロトタイプを実装し,光信号としてPC からのグレースケール画像,すなわち光の輝度を用いる手法について検討する.そして,提示されたグレースケール光の値と,制御ユニットのプロトタイプに実装したフォトトランジスタの電圧をAD 変換した値との関係をモデル化することで,輝度を用いた信号送信手法を実現し,評価実験を通してその精度を評価する.
論文電子ファイル


[3-340]  深町太一,伊藤雄一,尾上孝雄, ``汎用型光駆動アクチュエータのための制御ユニットの実装と評価,'' ヒューマンインタフェース学会研究会研究報告集, vol. 18, no. 7, pp. 31-34, 2016.

@inproceedings{3_340,
    author = {深町太一,伊藤雄一,尾上孝雄},
    author_e = {Taichi Fukamachi, Yuichi Itoh, Takao Onoye},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {汎用型光駆動アクチュエータのための制御ユニットの実装と評価},
    title_e = {Implementation and Evaluation of Control Unit for Operating
    Multiple Actuators by Projected Images},
    booktitle = {ヒューマンインタフェース学会研究会研究報告集},
    booktitle_e = {},
    volume = {18},
    number = {7},
    pages = {31-34},
    organization = {ヒューマンインタフェース学会研究会},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {},
    year = {2016},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by Onoye Lab.

PMAN 2.5.5 - Paper MANagement system / (C) 2002-2008, Osamu Mizuno / All rights reserved.