分類 研究会等発表論文
著者名 (author) 郡浦 宏明,今川 隆司,密山 幸男,橋本 昌宜,尾上 孝雄
英文著者名 (author) Hiroaki Konoura, Takashi Imagawa, Yukio Mitsuyama, Masanori Hashimoto, Takao Onoye
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key)
表題 (title) 動作合成に対応した信頼性可変混合粒度再構成可能アーキテクチャの検討
表題 (英文) Flexible reliaiblity mixed-grained reconfigurable architecture supporting behavioral synthesis
書籍・会議録表題 (booktitle) 信学技報, RECONF2013-8
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume) 113
号数 (number) 52
ページ範囲 (pages) 41-46
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) May
出版年 (year) 2013
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) 本稿では,C ベース動作合成に対応した信頼性可変混合粒度再構成可能アーキテクチャを提案する.提案アーキテクチャは,細粒度構成要素を取り入れたことでステートマシンのマッピングに対応し,動的再構成を用いたマルチステップ処理を実現する.また,アプリケーションや環境に応じて粗粒度/細粒度構成要素単位で信頼性レベルを設定できる.このアーキテクチャでは,動作合成によるリソース使用率とレイテンシのトレード・オフが得られる.FFT を用いた評価結果より,実装可能状態数に比例する構成情報レジスタの面積を考慮したチップ面積とレイテンシのトレード・オフについて実験的に示した.
論文電子ファイル Not available.


[3-301]  郡浦 宏明, 今川 隆司, 密山 幸男, 橋本 昌宜, 尾上 孝雄, ``動作合成に対応した信頼性可変混合粒度再構成可能アーキテクチャの検討,'' 信学技報, RECONF2013-8, vol. 113, no. 52, pp. 41-46, May 2013.

@inproceedings{3_301,
    author = {郡浦 宏明 and 今川 隆司 and 密山 幸男 and 橋本 昌宜 and 尾上 孝雄},
    
    author_e = {Hiroaki Konoura, Takashi Imagawa, Yukio Mitsuyama, Masanori
    Hashimoto, Takao Onoye},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {動作合成に対応した信頼性可変混合粒度再構成可能アーキテクチャの検討},
    
    title_e = {Flexible reliaiblity mixed-grained reconfigurable architecture
    supporting behavioral synthesis},
    booktitle = {信学技報, RECONF2013-8},
    booktitle_e = {},
    volume = {113},
    number = {52},
    pages = {41-46},
    organization = {},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {May},
    year = {2013},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by Onoye Lab.

PMAN 2.5.5 - Paper MANagement system / (C) 2002-2008, Osamu Mizuno / All rights reserved.