分類 研究会等発表論文
著者名 (author) 橋本亮司,筒井 弘,尾上孝雄,猪飼知宏
英文著者名 (author) Ryoji Hashimoto, Hiroshi Tsutsui, Takao Onoye, Tomohiro Ikai
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key) Ryoji Hashimoto, Hiroshi Tsutsui, Takao Onoye, Tomohiro Ikai
表題 (title) {DCT}領域 Distributed Video Coding における尤度推定手法
表題 (英文) Likelihood Estimation for Transform Domain Distributed Video Coding
書籍・会議録表題 (booktitle) 信学技報, IE2008-209
書籍・会議録表題(英文) IEICE Technical Report, IE2008-209
巻数 (volume) 108
号数 (number) 425
ページ範囲 (pages) 31-36
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) February
出版年 (year) 2009
付加情報 (note)
注釈 (annote) in Japanese
内容梗概 (abstract) 近年,新しい画像符号化パラダイムとして,Distributed Video Coding (DVC)が注目
されている.DVCは既存のMPEG-2などと比べて,低演算量で符号化が可能である一方,
符号化効率の面で実用化への課題がある.本稿では,DVC の符号化効率に影響を与え
る誤り訂正部において,誤り訂正部への入力ビットの尤度を推定する手法を提案する.
提案手法では,周波数成分ごとに原画像と復号器で生成した予測画像の誤差の分布を
コーシー分布でモデル化する.具体的には,復号済みである前後のキーフレームを用
いてモデル化した後,各ビットの尤度を算出する.ソフトウェアシミュレーションで
評価を行った結果,提案手法は平均誤差1.6%で誤り率を推定可能であった.

論文電子ファイル Not available.


[3-275]  橋本亮司, 筒井 弘, 尾上孝雄, 猪飼知宏, ``DCT領域 Distributed Video Coding における尤度推定手法,'' 信学技報, IE2008-209, vol. 108, no. 425, pp. 31-36, February 2009.

@inproceedings{3_275,
    author = {橋本亮司 and 筒井 弘 and 尾上孝雄 and 猪飼知宏},
    author_e = {Ryoji Hashimoto, Hiroshi Tsutsui, Takao Onoye, Tomohiro Ikai},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {{DCT}領域 Distributed Video Coding における尤度推定手法},
    title_e = {Likelihood Estimation for Transform Domain Distributed Video
    Coding},
    booktitle = {信学技報, IE2008-209},
    booktitle_e = {IEICE Technical Report, IE2008-209},
    volume = {108},
    number = {425},
    pages = {31-36},
    organization = {},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {February},
    year = {2009},
    note = {},
    annote = {in Japanese}
}

This site is maintained by Onoye Lab.

PMAN 2.5.5 - Paper MANagement system / (C) 2002-2008, Osamu Mizuno / All rights reserved.